1. ホーム>
  2. システム販売>
  3. ScribeAssist

システム販売

AmiVoice®ScribeAssist

オンライン会議に対応。複数端末利用が可能なスタンドアローンアプリケーション

「AmiVoice ScribeAssist(アミボイス スクライブアシスト)」は、2020年より提供開始したWEB会議や商談、会見等、対面・非対面の幅広いシーンで利用できるスタンドアローン型文字起こし支援アプリケーションです。各種オンライン会議システムと併用可能で、議事録作成に役立つ機能を多数搭載しています。リアルタイム・バッチで日本語の音声認識・編集が可能です。

特長

特長1
録音から文字起こしまでをワンストップで実現

会議音声の録音からテキストの編集、文字起こし内容の出力まで1つのソフトウェア内で行う為、複数のアプリケーションを行き来する手間がありません。音声の再生や認識結果の修正はキーボード操作だけで簡単に行う事ができ、文字起こし作業の時間を大幅に短縮します。

Features1

特長2
リアルタイム認識・バッチ認識に対応。リアルタイムでの文字起こしが可能

リアルタイムでの音声認識に加え、録音した音声データを取り込んで文字化するバッチ認識にも対応しています。 また、音声認識でテキスト化されたものから順次、修正作業に着手する事ができる為、会議進行と同時に文字起こしを行う事も可能です。

Features01

特長3
専用サーバー不要で、各種WEB会議システムから音声収録が可能

PC内の音声を収録する為、面倒な開発や設定をする必要がありません。全てのオンライン会議システムでご利用いただけます。

Features2

特長4
セキュアな環境を実現するスタンドアローン型

オフライン(インターネット未接続)の状態で音声認識が可能なスタンドアローン型の為、情報漏洩のリスクがなく、機密情報等を扱う会議でも安心してご利用いただけます。

特長5
起動制御はUSBキーで行う為、任意のPC端末で利用可能

ご契約ライセンス数に伴って提供されるUSBキー(記憶媒体ではない)を接続する事で起動制御を解除し、任意のPC端末で「AmiVoice ScribeAssist」を利用できます。社内規定等でUSB接続に制限がある場合は、固定のPC端末に「AmiVoice ScribeAssist」をインストールし、USBキー不要で利用可能なノードロック方式も選択できます。ご希望のお客様はご契約時にお知らせください。

特長6
議事録作成に便利な各種機能を搭載

・AI話者識別機能
録音中に発言者を選択するだけで、事前の声紋登録をする事なく、出席者情報を元にAIが発言者を自動的に識別します。また、1対1のWeb会議であれば、マイクデバイスごとに発言者を設定する事も可能です。既に録音した音声ファイルの文字起こしを行う場合も、発言者と発言内容を数回紐付けるだけで自動的に発言者を識別して入力します。

Features02

・単語登録機能
単語を登録する事で、専門用語や業界用語、固有名詞等も高精度に認識します。登録内容は即座に反映され、会議録音中でも追加・編集が可能です。複数のリストに分けて登録できる為、会議ごとに最適な単語リストを作成いただけます。

Features03

・キーワード設定機能
会議における重要な単語を事前に設定する事で、テキスト化された発言内のキーワードをハイライト表示します。
※キーワードが含まれる部分だけを抽出し、Wordファイル等に出力可能です。

Features04

・タグ付け機能
発話ごとの音声認識結果に、ワンクリックで「重要チェック」「決定事項」「ToDo」等のタグをつける事が可能です。テキスト編集中やWordファイル等への出力後に該当箇所を確認しやすくなります。
※タグ付けした部分だけを抽出し、Wordファイル等に出力可能です。

Features05

動作環境

「AmiVoice ScribeAssist」をご利用になるには、事前にアプリをインストールしていただく必要があります。
インストールするには、以下の動作環境が必要です。

   
動作環境
CPU インテル Core™ i5プロセッサー(最大2.5GHz)以上
メモリ 8GB以上
ハードディスク 1GB以上の空き容量(インストール時)
OS Microsoft Windows 10Pro

※日本語版、64ビット版(x64)
※32ビット版(x86)には対応しておりません
※Mac、Linuxには対応しておりません
※音声入力・音声再生には、マイク入力端子・ヘッドフォン端子(またはUSB2.0互換ポート)が必要です


お問い合わせはこちら